ご購入はこちら

2020年「夏です!」

野菜のHikarie三浦海岸 は、三浦野菜の直売所ですが、オリジナルスムージーや自家製シロップのかき氷も人気です。

 

御来店の際はスムージーやかき氷を片手に、とれたて三浦野菜のお買い物をお楽しみください^_^

 

又、近くにビーチもございます、お買い物されたお野菜は一時お預かりサービスもできますのでご利用下さい。

 

詳細はこちら

美味しい野菜は活力源~楽しさも味わえる三浦の野菜~

神奈川県の三浦半島の最南端にある、三方を海で囲まれた場所。
三浦の野菜は、そのロケーションで育ちます。
一年を通じて温暖な気候が大きな特徴で
冬でも雪が降ったり、霜が降りたりすることはほとんどありません。

豊かな土壌で、病気やストレスがなく、のびのびとした環境で
一年を通して栽培される野菜は
どれも新鮮で瑞々しく、美味しいものばかりです。

三浦大根、三浦スイカ、三浦キャベツ。
こうした名産品のほかにも、まだまだあります。
市場ではあまり見かけない野菜の栽培にも取り組んでいます。

現代の食事は、食べることに加えて「楽しさ」も重要なポイントになりつつあります。
カラフルな野菜、珍しい野菜など
栄養や鮮度、安全性はもちろんのこと、皆様に喜んでいただける野菜作りをめざして
今後も誠実な野菜作りに取り組んでまいります。


「野菜のHikarie」では
皆様が「笑顔」になれる野菜作りを目指して
珍しい野菜作りに取り組む独立型農家です。

直売所では、フレッシュなスムージーをご提供するカフェも併設。
観光の際にはぜひお立ち寄りください。


また、お取引をご希望の業者様からの
お問い合わせはこちらよりお待ちしております。
生産者の技術と至高が育てる三浦の野菜を
ぜひご賞味ください。







詳細はこちら

美味しさとともに創作とアイデアを・三浦野菜の配送承ります!

神奈川県は都会といったイメージを持たれることが多くありますが
三浦は自然と共生する絶好のロケーションにあります。

住宅地のそばには海があり、畑となる大地があります。
ここで育つ野菜の種類は、実に豊富にあります。
総じて「三浦野菜」と呼ばれ、全国的にも知名度の高いものです。

なかでも、三浦大根の栽培の始まりは、さかのぼること江戸時代の初期。
60センチほどもある白首大根系の品種です。
その特徴は、重さにあります。
標準的なもので2~3㎏、ときに5~6kgのものもあります。

辛みが強く、ピリッとした風味は
焼き魚や付け合わせ、お料理のアクセントによく合うと好評です。
また、中食のシャキシャキとした食感も好まれますし、
肉質がほかのものと比べて緻密ですので
煮崩れしないのも人気の秘訣といえます。
味の浸み込みもよく、煮物やおでんにぴったりです。

「野菜のHikarie」では、三浦大根のほかにも
数々の野菜を栽培し、販売しております。

直売所では、こうした野菜を使用したスムージーのご提供やカフェも併設。

また、お取引をご希望される業者様には
配送のサービスも承っております。

お問い合わせはこちらよりお気軽にどうぞ!

詳細はこちら

三浦観光の際は「Hikarie」にもぜひお立ち寄りを

神奈川県三浦市は、三浦半島の先端に位置しながら
西側に相模湾、東側は東京湾に面していて
海沿いには観光スポットがいくつも点在しています。

油壷マリンパークや三浦海岸など
都心からでも十分日帰りできる気軽な距離でありながら
日常と離れた潮風を感じられる場所として
観光に訪れる人は、いつも多くおられます。

Hikarieからはすこし離れた場所になりますが
城ケ崎地区は、なかでも絶景を見ることができるところです。
打ち寄せる強い波が作る景観と、音は、ぜひいちど体感していただきたいポイントです。

岩の海岸線では、磯遊びが楽しめ、ハイキングを楽しむこともできます。
水平線を眺めながら、高低差のある海沿いを歩くのもおすすめです。
ビューポイントとしては
ときに南房総半島や富士山が見えるときもありますよ。

三崎港はマグロの水揚げ港としても有名で
新鮮な刺身や加工品が豊富にあります。

「野菜のHikarie」では
三浦半島の生産者が作るお野菜を、総合的にお取り扱いしております。
また、生産者を交えたコミュニティーや
定期的な農業体験イベントなどを開催し
「農」と「人」をつなぐお手伝いをさせていただいております。

業者さまからのお取引も承ります!

お問い合わせはこちらよりお気軽にどうぞ!

詳細はこちら

スムージーの発祥はどこ?

美容や健康志向の高い人を中心に飲まれているスムージーですが、そもそもスムージーはどこからやってきた飲み物なのか気になりますよね。

そこでスムージーの発祥地と、その当時どのように飲まれていたのかなどについて紹介します。

スムージーは、今から100年近く前の1920年。アメリカ西海岸にあった健康食品のお店で作られたことがキッカケとなって誕生しました。

日本で誰もがスムージーの存在を知られるようになってからまだ日は浅いですが、アメリカでは100年も前からもうあったということに驚きですね。

スムージーが誕生した当初のアメリカでは、電化製品が一気に普及し始める時期とも重なっているという特徴があります。

スムージーを作るのに必要な、ミキサーやジューサーもこの時期に一般家庭に一気に普及していくこととなり、スムージーは一般家庭でごく普通に作られるようになり有名になりました。

そしてその当時の電化製品の販売方法は、店頭での実演販売がメインとなっており、ミキサーやジューサーは、スムージーを作って実演販売を行っていたとも言われています。

スムージーが誕生した当初の味は、今の野菜と果物、水という材料ではなく、甘く飲みやすくしたものが主流で、美味しいデザート的感覚で飲まれていたようです。

 

それから時を経て、現在の美容や健康のために飲むスムージーの誕生は、21世紀に入ってからで、野菜をふんだんに使用したグリーンスムージーがアメリカの主婦の間で人気になってから、現在に至っているのです。

 

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら