ご購入はこちら

スムージーとは?美味しい?

健康や美容志向の人が好んで飲んでいる飲み物として知られているスムージーは、どのような飲み物なのでしょうか。

スムージーは、好みの野菜や果物を複数種類組み合わせて作る飲み物で、材料となる野菜や果物を丸ごと氷や水などを加えミキサーにかけて液体状にして飲むものです。

スムージーが生まれた当初のレシピでは、材料となる野菜や果物は、事前に凍らせた状態のままミキサーにかけて作るというのが主流となり、その後牛乳やヨーグルト、アイスクリーム、はちみつなどを加えたものも美味しいスムージーとして人気となりました。

現在では、美容や健康、ダイエットなどにも利用されるようになり、牛乳やヨーグルト、アイスクリーム、はちみつなどを加えたデザート感覚で楽しむスムージーではなくなりつつあります。

スムージーを飲む目的によっては、デザート感覚でアイスクリームやヨーグルトなどを加えて美味しいスムージーを楽しむのもおすすめです。

もちろん、デザートではなく、あくまでも健康のため、美容のため、ダイエットのためという風にしっかりとした目的を持って食生活の中で取り入れる場合は、野菜や果物と水をミキサーにかけて作る基本のスムージーを飲むようにしましょう。

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

スムージーとジュースの違いは?

スムージーとジュースの違いってどういうところ?と聞かれて、簡単に答えることができるでしょうか。

スムージーとジュースどちらも果物を使用して作られているんじゃない?というくらいに思っている人も多いかもしれませんが、スムージーとジュースには大きな違いがあるので、それぞれの特徴を見ていきましょう。

まず、スムージーは、使用する果物や野菜は、実だけではなく皮や種もまるごとミキサーに入れて作ります。このようにすべてを丸ごと入れるので、使用する野菜や果物によってはミキサーをかけたときに水分が出ない時があるので、水を加えるというのもスムージーならではです。

一方ジュースは、野菜や果物の果肉のみを使用して、果汁を絞って作るので、水などの水分を使用する必要がありません。

このように、スムージーとジュースの違いは、野菜や果物を丸ごと使用するかどうか、水などを加えるかどうかの違いがあるのです。

どちらも自分で作る場合は、熱処理や添加物が加えられることはありませんが、市販のものを購入する場合、熱処理や添加物を安全のためにジュースには加えられていることもあります。

スムージーとジュースのどちらが美味しいと感じるのかは、好みが分かれるところですが、どちらも野菜や果物をたっぷり摂ることができるので、どちらもおすすめです。

 

お問い合わせはこちらから

詳細はこちら

野菜のHikarie(ヒカリエ)|三浦市の一農家「三浦ミクリナ農園」

野菜のHikarieの始まりは、レストランや創作料理店、ホテルなどで利用される特殊な野菜をつくることからスタートした小さな農家です。

私どもはこれまで、ただ野菜をつくるのではなく、『きっと何処かで誰かが笑顔になれる野菜をつくる!』を一心に野菜づくりをしてきました。

野菜のHikarieのある三浦半島は、古くより海底でミネラルを蓄えたいくつもの層が、地殻変動などの自然現象で地上に隆起したことにより、特質なミネラル大地を形成しています。
現在も豊富な海洋生物に囲まれ、弥生時代より手付かずのまま保存された海岸など、先代より永きに渡り自然との調和を大切にし、守り続けてきた大地で作る野菜は、まさに自然そのものです。

限りなく続く青空と温暖な気候、優しい潮風をたっぷり浴びる三浦半島で育った野菜をぜひご利用ください。

詳細はこちら